こんばんは、フォレストガンプ大好き、フォレスト滝川@マネテク!です。

先日、Amazonプライム・ビデオのラインナップを見ていたら、フォレストガンプがあったのでつい見てしまいました。

landscape-3564578_1920

アカデミー賞6部門受賞

フォレストガンプと言えば、アカデミー賞を総なめにした名作な訳ですが、私が初めてフォレストガンプを見たのは高校2年生の夏で、友人の両親がジャズが好きでよくニューヨークにジャズを聴きに行っているような人たちで、そのアメリカ土産?のフォレストガンプのビデオを見せてもらった時でした。
当然英語版で、字幕もなく、正直よく分からない部分もありましたが、有名な

Life is like a box of chocolates.

は若き日の私の頭に刻まれました(笑)。

時代を感じる

さて改めてフォレストガンプを見てみると、もちろん面白い映画だとは思ったものの、時代というものが非常に後押しした形でのアカデミー賞受賞だったんだろうなぁという気がしました。

今日のマネテクポイント

といっても、この映画の持つ普遍的なメッセージはやはり心を打つものだと感じました。
結局のところ、まじめにコツコツとやることは大事なことなんですよ(笑)。
っていうか、これって少し前に流行った(?)GRITなんではないでしょうか?
GRITの体現者、フォレストガンプ(笑)。